全国高校ラグビー

桐蔭学園7トライ 原点の展開ラグビー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【95回全国高校ラグビー】桐蔭学園−石見智翠館 前半、桐蔭学園FB床田が突進=東大阪市花園ラグビー場で2016年1月7日、梅田麻衣子撮影
【95回全国高校ラグビー】桐蔭学園−石見智翠館 前半、桐蔭学園FB床田が突進=東大阪市花園ラグビー場で2016年1月7日、梅田麻衣子撮影

 第95回全国高校ラグビーフットボール大会は7日、準決勝で桐蔭学園(神奈川)が石見智翠館(島根)を46−31で破り決勝に進んだ。

          ◇

 今大会初めて先制を許した桐蔭学園だったが、選手は冷静だった。臨機応変に戦術を変え、最後は得意とする原点の展開ラグビーでトライを重ねた。

 流れを変えたのは、SH斎藤のキックだった。7点を追う前半11分。左中間から約40メートルのロングPGを決め、チームを勢いづけた。当初は攻撃もキックを多用した。「相手陣でプレーしたかった」(斎藤…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集