メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

鯉朝さんが横浜で「ちょっぴりちがう寄席」 12日

「にぎわい座だよ!ちょっぴりちがう寄席」のちらし

 三が日があっという間に過ぎ、正月の余韻を楽しむ余裕もなかった、と思ったら、週末は3連休。「正月は落語でも聴いて楽しみたい」という前に、日常生活に戻ってしまったあなた、横浜で夜、寄席を楽しむのはいかが。

 JR桜木町駅(横浜市中区)から歩いてすぐ。大人が楽しめる飲食店街、野毛もすぐ近くにあるのが、桂歌丸さんが館長を務める「横浜にぎわい座」。3連休明けの12日(火)午後7時から、瀧川鯉朝(りちょう)さんが企画した「にぎわい座だよ!ちょっぴりちがう寄席」が開かれる。

 寄席は入ったことがない人にはなかなか入りにくいし、誰が出ているのかもわからない、ちょっとマニアックな場所……。そんな方むけに、鯉朝さんは、これまで東京の寄席で「ちょっぴりちがう寄席」を開き、好評だった。今回、にぎわい座では初の公演だ。

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文1011文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

  5. 新型コロナ 休業要請全解除、北九州以外実施 福岡県・来月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです