メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県営シラコバト団地

子育て世代呼び込め リフォームで高齢化防止へ 上尾 /埼玉

ものつくり大の学生が手作りのカウンター(手前)を取り付けた上尾シラコバト住宅の1室

 入居者の高齢化が進む県営団地「上尾シラコバト住宅」(上尾市上)に若い世代を呼び込むため、県は学生や子育て世帯向けに空き部屋のリフォームを進めている。昨年度から始めた事業で、すでに23戸が完成。団地に住み始めた大学生の手を借り、地元自治会が3年ぶりに夏祭りを復活させるなどの効果を生んでいる。

 県によると、同住宅は高度成長期の1960年代後半に作られ、現在は約800戸に600世帯が入居。入居者の約4割が65歳以上の高齢者だ。自治会活動の担い手が少ないなどの問題があり、若年層の入居を積極的に進めることにした。

 事業は、県と聖学院大(同市)、ものつくり大(行田市)の三者による連携協定に基づくもの。両大の学生が…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文767文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです