メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森と人と獣と

/7止 増える「狩りガール」 狩猟文化の転換期 /和歌山

獲物を狙う溝部さん。化粧をし、服装や銃のストラップなどもファッション性にこだわる=和歌山市加太で、高橋祐貴撮影

 薄暗い山中でライフル銃を構えた女性が、約100メートル先の沼地にいる獲物と地面とを交互に見ながら慎重に進んでいく。足元で小枝がかすかな音を立て、カモは一斉に逃げ去った。新米ハンターの溝部名緒子さん=和歌山市=は「まだまだ忍び足が未熟です」と苦笑した。

 県内の銃の狩猟免許所持者が年々減る中、昨夏は例年の2倍以上の71人が銃猟の試験に合格した。わな猟も3割増の192人が免許を取得。試験会場では若い女性の姿が目立った。近年、全国で増えている若い女性のハンターは「狩りガール」として注目されている。

 溝部さんも昨年、銃猟の免許をとった一人だ。きっかけは5年ほど前。当時住んでいた岐阜県で知人からもらったイノシシ肉のおいしさに驚き、狩猟に興味を持った。2013年に古里の和歌山に戻ってから地元猟友会に頼み込んで猟に同行。いろいろと教わるうちに「自分でもやってみたい」と思ったという。

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです