メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分・楊志館高

相撲部主将は高2女子 男子とガチンコも

稽古に励む楊志館高相撲部の女子3人。手前から佐藤主将、西尾さん、山口さん=楊志館高相撲道場で2015年8月28日午前11時22分、安部志帆子撮影

 大分市の私立楊志館高相撲部に昨年10月、初めて女子の主将が誕生した。3年生が引退した後、男子部員は2年生がおらず、同部初の女子部員だった2人のうち商業科2年の佐藤里津(りづ)さん(17)が選ばれた。男女の部員がいる高校で女子主将は全国的に珍しいという。

 佐藤さんは楊志館高相撲部の土俵で一緒に練習している大分桜ケ丘相撲クラブの一員として、小学2年で相撲を始めた。中学3年の時に「高校でも続けたい」と同部の重倉誉宜(よしのぶ)監督(39)に相談。全国大会の上位入賞者も輩出してきた相撲部には男子しかいなかったが、重倉監督は「一生懸命やってきたのに、高校で続けられないのはかわいそう」と受け入れを決めた。

 ただ女子が1人では寂しい。そこで同クラブの田中誠二監督(46)が佐藤さんの同級生の山口恵奈さん(17)に声をかけた。父親が大相撲の時津風部屋に所属した元力士で、4人姉弟全員が相撲をしている「相撲一家」の長女。柔道でも初段の腕前だ。

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1240文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 本紙報道に維新「誤報」 衆院代表質問 大阪市4分割コスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです