スキー

複合女子 国内大会、本格的にスタート

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本選手権に出場した(左から)宮崎彩音、村上優空、畔上沙那の3選手=北海道名寄市で2015年12月26日、江連能弘撮影
日本選手権に出場した(左から)宮崎彩音、村上優空、畔上沙那の3選手=北海道名寄市で2015年12月26日、江連能弘撮影

 今冬、ノルディックスキー複合で女子の部が本格的に始まった。昨年12月は北海道で5試合が行われ、中学1年から大学4年までの計7選手が頂点を争った。

 複合は現在、五輪やワールドカップ(W杯)は男子のみ。2015年3月にノルウェーで女子初の国際大会が開かれ、日本では飛躍とランニングで競う方式の北海道士別市の大会で14年7月、初めて女子の部が行われた。

 冬の女子の部は12月19日に名寄市で初戦があり、3選手が出場。岩手・盛岡中央高1年の村上優空(ゆら、15)が飛躍2位から逆転優勝した。20日の2戦目は、飛躍で大きくリードした長野・野沢温泉中1年の宮崎彩音(13)が逃げ切り。26日の日本選手権では公開競技として行われ、宮崎が飛躍で転倒して後半距離を棄権する中、村上が「初代女王」に輝いた。ここまでの3戦は名寄市のノーマルヒル(K点90メートル)を使…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文799文字)

あわせて読みたい

注目の特集