福島県

共感の輪、アニメで世界に 現状伝える短編制作へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
一時全村避難した福島県川内村にやってきた女性(イラスト中央)を主人公にしたアニメのイメージカット
一時全村避難した福島県川内村にやってきた女性(イラスト中央)を主人公にしたアニメのイメージカット

 福島県は8日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から5年を迎える福島の現状を国内外に伝える短編アニメを制作し、2月にも披露すると発表した。人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の制作会社ガイナックス(東京都)と、同社が同県三春町に昨年設立した福島ガイナックスが手がける。2月中旬に東京で完成披露会を開催した後、全国で順次試写会を開く。

 タイトルは「みらいへの手紙〜この道の途中から」。原発事故で一時全村避難した同県川内村の復興支援に携わった女性など実話を基にしたドキュメンタリーアニメで、2分間の作品を計10本制作する。インターネットの特設サイトでも公開する予定で、事業費は1億1300万円。

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文444文字)

あわせて読みたい

ニュース特集