メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拳銃競技

女性巡査が全国V 本格訓練から1年で 関署地域課・松久史帆里さん /岐阜

微動だにせずモデルガンを構える松久史帆里巡査=関市希望ケ丘町の県警察学校で

「忍耐力、必ず役に立つ」 松久史帆里さん(21)

 全国の警察官が拳銃の射撃技術を競う大会で、関署地域課の松久史帆里(しほり)巡査(21)が優勝した。県警勢の優勝は2001年以来で、女性警察官では初めて。本格的な訓練から1年足らずの快挙だが、松久巡査は「いざという時に冷静な対応ができる警察官になりたい」と静かに喜びをかみしめている。【野村阿悠子】

 松久巡査が優勝したのは昨年11月に東京都内で開かれた「全国警察拳銃射撃競技大会」。「遅撃ち」「早撃…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文751文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです