メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とよさと快蔵プロジェクト

まちづくり、実践 県立大生が民家をゲストハウスに 4月オープンへ 豊郷 /滋賀

ドリルやのこぎりを手にゲストハウスを造る県立大生たち=滋賀県豊郷町吉田で、西村浩一撮影

 豊郷町吉田で県立大環境科学部環境建築デザイン学科(彦根市)の学生約50人が、茅葺(かやぶ)きの民家をゲストハウスに改修する工事に取り組んでいる。正月休みも返上し、床や壁を製作。4月末のオープンを目指す。【西村浩一】

 学生有志と、地元のNPO法人「とよさとまちづくり委員会」が協力して取り組む「とよさと快蔵プロジェクト」の一環。授業では学べない実践の場を求めていた学生側と、空き家の有効活用や地域の活性化を目指すNPOの思惑が一致して12年前にスタートし、これまで学生のシェアハウスや地域のコミュニティースペースなど計11軒を造ってきた。

 今年度は初めて、民家一軒をまるごと使ったゲストハウスづくりに挑戦。約70年前に建てられ、約30年前…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです