メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お茶にします?

/10 無駄ゆえの豊かさ=高村薫

イラスト・森部志保

 経済の世界ではしばしば日本の労働生産性の低さが話題になるけれども、GDP(国内総生産)を就業者数で割っただけの数字をもって日本人が諸外国に比べて非効率な働き方をしていると言われたら、私たちは立つ瀬がないというものだ。非効率と言われる働き方のなかには、日本の商習慣やおもてなし、丁寧なモノづくりなども含まれているのだから。

 ちなみに一編の小説も、書いては消し、消しては書きという行為が示しているとおり、多くの無駄を行間に織り込んでいる。だから、原稿用紙1枚あたりの原稿料を、それを書くのに要した時間で割ってみたなら、物書き自身がびっくりするくらい小さな数字になるが、それでも文章を紡ぎ、練り、磨き上げてゆく行為から、行きつ戻りつの時間を削り取ることは絶対にできない。言い換えれば、それは無駄な時間であるどころか、むしろこの…

この記事は有料記事です。

残り1139文字(全文1500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです