メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池澤夏樹・評 『モナドの領域』=筒井康隆・著

 (新潮社・1512円)

GODのご託宣に右往左往の凡人たち

 年が明けてめでたい。

 そこに神が降臨されるとは、いよいよめでたい。

 いや、神ではなくGODである。キリスト教とつかず離れずでやってきた西欧哲学における「神」概念が生身の人間の肉体に乗り移って真理を語る。

 こんなテーマをどう扱うか、そこは神様級の小説スキルを持つ筒井康隆のこと、読者は安心して快刀乱麻の作話術に身を任せて読めばいい。

 まず、人間の片腕が発見される。当然、警察が動き出す。次にそれとそっくりのパンを焼く美大生が登場する…

この記事は有料記事です。

残り1188文字(全文1433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです