メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

橋爪大三郎・評 『社会システムの生成』=大澤真幸・著

 (弘文堂・3456円)

批判の武器としての社会理論追求の試み

 わが国の理論社会学を牽引(けんいん)する大澤真幸氏が、主著『身体の比較社会学』ほかと並行して書き進めた先駆的な論文を、集めて一冊にした。ほとんどが一九九○年代の発表だ。そのあとをたどると、社会学が何を課題とし、時代が何を考えさせたかが明確に浮かびあがる。

 取り上げられる素材は多様だ。人類学の描く民族誌。散逸構造論。カオスの数理。構造−機能理論。ヴァレラ…

この記事は有料記事です。

残り1887文字(全文2095文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです