メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢志摩サミット

危機管理、警備の課題は? 2氏に聞く

西村泰彦・内閣危機管理監=2015年12月18日、井口慎太郎撮影

 世界各地でテロが相次ぐ中、三重県志摩市の賢島で5月に開かれる伊勢志摩サミットに向け、警備関係者の緊張が高まっている。地元出身の西村泰彦・内閣危機管理監(60)と、かつて三重県警本部長を務めた佐々淳行・元内閣安全保障室長(85)の2氏に警備の課題などを聞いた。【聞き手・井口慎太郎】

西村氏「神域あっても、聖域つくるな」

 −−警備の課題は。

 警備の完遂なくしてサミットの成功はありえない。過激派組織「イスラム国」(IS)は日本を攻撃目標と明…

この記事は有料記事です。

残り1277文字(全文1496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです