障害者雇用

「就労継続支援A型」参入事業者が急増

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
就労継続支援A型事業所数の推移
就労継続支援A型事業所数の推移

 障害者が雇用契約を結んで就労訓練を受ける「就労継続支援A型事業所」への参入事業者が急増している。国からの給付金で運営できることなどから、事業所数はこの5年間で約7倍に増え全国で約2400カ所に上る。しかし、中には障害者を雇用しながら就労実態がほとんどないなど不正が疑われるケースも相次ぎ、厚生労働省が指導強化に乗り出している。

 「仕事は全くなく、毎日本ばかり読んでいた」。福岡市の40代男性は、昨年夏に約2カ月間雇われた同市内のA型事業所での日々を振り返る。

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1197文字)

あわせて読みたい

注目の特集