メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

アサド政権包囲の町 最後の食料支援搬入は10月

 【ワシントン和田浩明】米国務省のカービー報道官は8日、内戦が続くシリアのアサド政権に対し、政権側が包囲している首都近郊の町マダヤに国連の人道食料援助を可及的速やかに搬入させるよう強く要求。「(包囲で発生する)飢餓を武器に使っている」と政権を強く批判した。

 国連などによると、レバノン国境に近いマダヤの包囲は約半年前に始まった。約4万2000人が現在暮らしているが、最後の食料支援が搬入されたのは昨年10月中旬だ。

 「国境なき医師団」(MSF)によると、MSFが支援するマダヤの医療施設で昨年12月以降、乳児6人を…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです