メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三野編集委員の兵庫の五つ星を訪ねて

もちむぎ食品センター もちむぎ麺 /兵庫

「健康にもいいですよ」と「もちむぎ麺」をPRする植岡進也専務。後方は松井永敏総務課長=兵庫県福崎町の「もちむぎのやかた」で、三野雅弘撮影

 恥ずかしながら、最初、商品名「もち麦」を「麦もち」と間違えた。麦で作った餅なのかなあと。正しくは「もち麦」。確かにもち米がある以上、もち麦があっても不思議じゃない。けれど、聞き慣れない言葉だなあ。

 福崎町西田原の株式会社「もちむぎ食品センター」の植岡進也専務(67)と松井永敏総務課長(41)が笑いながら説明してくれた。

 「もち麦は、オオムギの一種です。もち性(粘り)があるので、昔は練って団子にして食べていたんですよ」

この記事は有料記事です。

残り1737文字(全文1948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  4. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです