メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞1946

新聞に見る「天皇」像の変遷 現人神から象徴へ

地方巡幸の初日、横浜の稲荷台共同宿舎を訪れ戦災者を激励する昭和天皇(右)=1946年2月19日撮影

 1946年元日の毎日新聞朝刊は1面に、背広姿で散歩する昭和天皇の写真とともに、いわゆる「人間宣言」を掲載した。現人神(あらひとがみ)とされていた天皇が、自らの神格を否定した詔書だ。併せて、宮内省担当の藤樫準二記者による「拝謁記」も載せた。

 藤樫氏は前年暮れ、担当26年目にして初めて、他の宮内省担当記者16人と天皇に会った時の様子を記す。「これほど身近に御姿を拝したことはなく、またもとより御声に接したこともなかった」。皇室を覆っていた厚いベールは、民主化の流れに昭和天皇の強い意思も相まって、徐々に外されていった。

 戦時中の皇室取材は厳しく制限されていた。藤樫氏の著書によると、宮内省は秘密主義で記者会見は一切なし…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです