メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

英語教育、理想とギャップ 表現力重要…でも指導難しく

 中学と高校の英語教員の多くが、英語を使ったコミュニケーション能力の育成を重要だと考えながら、なかなか授業に取り入れられず、読解問題中心になっている今の入試の対策指導との両立に悩んでいる−−。こんな調査結果がまとまった。国は「グローバル化に対応できる英語力」を身につけさせるため、英語教育の改革を教育現場に迫っているが、教員たちは理想と現実とのギャップを感じているようだ。

この記事は有料記事です。

残り1742文字(全文1928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです