メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぼうさい甲子園

グランプリに愛知の亀崎小など

グランプリを受賞し、発表する愛知県半田市立亀崎小の児童たち=神戸市中央区の兵庫県公館で2016年1月10日、宮武祐希撮影

 優れた防災教育の取り組みを顕彰する「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞)=毎日新聞社・兵庫県・ひょうご震災記念21世紀研究機構主催、UR都市機構協賛=の表彰式・発表会が10日、神戸市中央区の兵庫県公館で開催された。約300人が出席し、グランプリに輝いた愛知県半田市立亀崎小学校など8団体が活動内容を発表した。

 2005年度に始まり11回目。小学生、中学生、高校生、大学生の4部門に計117の応募があり、29校・団体が入賞した。選考委員長の河田恵昭・人と防災未来センター長(関西大教授)は「取り組みのレベルが高まり、全国各地で活動の広がりと定着を感じた」と講評した。

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文392文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです