メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぼうさい甲子園

津波到達点を石碑に 宮城・女川の団体

顧問の阿部一彦さん(右から2人目)に成果を報告する、高校生部門でぼうさい大賞に輝いた「女川1000年後の命を守る会」の生徒たち=神戸市中央区の兵庫県公館で2016年1月10日、宮武祐希撮影

 神戸市で10日、今年度の「ぼうさい甲子園」(毎日新聞社など主催)の表彰式・発表会が行われた。ぼうさい大賞受賞の宮城県女川町の高校生らでつくる「女川1000年後の命を守る会」は、東日本大震災の津波到達点を示す石碑を建立する活動を続けている。顧問の阿部一彦さん(49)は「私たちのような思いを二度と誰にもしてほしくない。活動は生き残った者の使命だ」と話した。

 「生徒が命を落としたことに責任を感じていた」。表彰式の前日、阪神大震災で被災した神戸市長田区の住民らとの交流でこう語った。長年、口に出せなかったが、守る会の活動を通して気持ちが変わってきた。「つらい経験も語るのが震災の教訓を伝えること」と今は考えている。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです