メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレーバック選挙

12年衆院選 民主に失望、自民に回帰

自民党の圧勝を伝える2012年12月17日付毎日新聞朝刊(東京本社発行最終版)

 民主党は2009年8月の第45回衆院選で、ガソリン税などに上乗せされてきた「暫定税率」の廃止や高速道路の無料化、子ども手当支給など有権者の家計にプラスになる選挙公約を掲げて大勝し、政権交代を果たしました。しかし、3年続いた政権は有権者の期待に応えられませんでした。

 「無駄遣いをなくす」「国の総予算を組み替えて財源を生み出す」。民主党は選挙前にそう繰り返していました。しかし結局は財源不足で暫定税率廃止や高速道路無料化など選挙公約の目玉の多くは実現しなかったのです。11年3月の東日本大震災による福島第1原発事故への対応も批判を浴びたほか、公約になかった消費増税を決め…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです