メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院・合区選挙

鳥取県連、自民選対本部を組織 選挙区、比例代表で /島根

 自民党鳥取県連は11日、同県米子市で常任総務会を開き、今夏の参院選で現職の青木一彦氏(54)が立候補予定の「鳥取・島根」選挙区と、前鳥取市長の竹内功氏(64)が立候補予定の比例代表のそれぞれの選挙対策本部を組織した。青木氏は同日午前、鳥取県内では公認決定後初となる街頭演説会を日吉津村で開いた。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文315文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 「反社会的勢力を排除」吉本が異例の「決意表明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです