メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 ウチの教授 関西大・河田恵昭さん

都市災害に被災者の視点

 都市災害研究の第一人者。だが21年前の阪神大震災には大きなショックを受けた。震災当日、大阪で開かれる日米都市防災会議の予定もそこそこに神戸へ。それから3カ月間、当時所属していた京都大学の研究室にも行かず、大阪から被災地に通い続けた。

 「これまで取り組んできた行政支援などの研究が、実践でほとんど役に立たなかった。防災・減災の研究は世の中で使われてこそ、と思い知った」。以後、研究の中心に被災者の視点を起き続ける。

 「必ず都市で自然災害が起きる」という確信から、40歳代で専門を海岸防災から都市防災に変えた。東日本…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです