メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほどパラリンピック

競技用車いす、一般用との違いは?=回答・岩壁峻

左から一般用、テニス用、陸上用の車いす。用途によって形状が全く異なる

軽くて安定、選手に合わせ特注

 なるほドリ パラリンピックでは車いすを使った競技があるよね。一般の車いすとはどう違うのかな?

 記者 競技用の車いすを製造する「オーエックスエンジニアリング」(千葉市)に話を聞きました。目に見える違いは構造です。一般用は持ち運びができるよう折りたたみ式ですが、競技用はフレームが固定されています。これにより折りたたみ式に比べ接地面が安定し、力を伝えやすくなります。同社の場合、一般用は既成の部品で製造しますが、競技用はオーダーメード。図面作りから始めるなど手間がかかります。一般用の価格は十数万円台ですが、競技用は安いものでも30万円はするそうです。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです