メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学術論文

「再現性」の記述「ほぼすべてに欠陥」

米スタンフォード大などの研究チーム発表

 世界で発表された過去15年間の生物医学系の学術論文を抽出して調べたところ、同じ方法で実験すれば同じ結果が得られる「再現性」を確認するための手法が十分に書かれていないなど、ほぼすべてに欠陥があったとする分析結果を、米スタンフォード大などの研究チームがオンライン科学誌プロス・バイオロジーに発表した。資金の提供元などに関する情報がない論文も多く、論文のデータ改ざんや捏造(ねつぞう)の背景になっているとの指摘もある。

 研究チームは、2000〜14年に発表された生物医学系論文から441本を無作為に抽出。そのうち実験デ…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  2. かんぽ再開、3度目延期へ 不正契約9000件に 調査完了のめど立たず

  3. いじめ訴える女児に適切な対応せず、自殺未遂 山口・下関の市立小

  4. 悼む 大相撲の井筒親方、元関脇・逆鉾 井筒好昭さん=9月16日死去・58歳

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです