不妊治療助成

初回30万円 男性手術には15万円

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は、不妊治療に対する助成制度を今年度内に拡充する。初回の上限額を15万円から30万円に倍増。さらに、男性に要因のある場合に夫から精子を採取する手術にも新たに15万円を上限に助成する。2015年度補正予算案などに経費を計上しており、今月下旬と見込まれる補正予算案成立後、早期に始める。【阿部亮介】

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文788文字)

あわせて読みたい

注目の特集