メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

日馬富士、松鳳山に不覚

日馬富士(下)が松鳳山にすくい投げで敗れる=東京・両国国技館で2016年1月11日、竹内紀臣撮影

 大相撲初場所2日目は11日、2場所連続優勝を狙う日馬富士が松鳳山に不覚を取り、早くも土がついた。松鳳山は2013年9月の秋場所(対日馬富士戦)以来、2度目の金星。白鵬は安美錦に何もさせずに押し出し、鶴竜は俵に詰まりながらも盛り返してそれぞれ2連勝した。稀勢の里は難敵の栃煌山を退け、今場所初白星。その他の3大関も完勝した。初日の取組で左脚を負傷した東前頭10枚目の千代鳳が「左腓腹(ひふく)筋肉離れ」と診断され、この日から休場した。2日連続の満員札止め。

 ○…33歳の新関脇・嘉風にうれしい初日が出た。200キロ超の巨漢・碧山との突っ張り合いにひるまず応戦し、下からあてがって右差し。相手の小手投げに乗じて休まず前に出て寄り切った。「立ち合いが良かった。体が小さいから攻める気持ちでいかないとね」。新春の土俵に再び旋風を巻き起こせるか。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです