高校ラグビー

総入場者最多、12万人 選手励みに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
スタンドが満員になり、陸上競技用トラックに観客を入れた東大阪市花園ラグビー場の第3グラウンド=2015年12月30日午後3時44分、本社ヘリから加古信志撮影
スタンドが満員になり、陸上競技用トラックに観客を入れた東大阪市花園ラグビー場の第3グラウンド=2015年12月30日午後3時44分、本社ヘリから加古信志撮影

 第95回全国高校ラグビーフットボール大会決勝は1万3498人が入場し、今大会の総入場者数は12万7123人に達して、93回大会(2013年度)の10万9434人を上回り大会史上最多となった。95回記念大会で通常より4試合多かったが、1試合平均でも2354人で、過去最多だった93回大会の2189人を上回った。

 昨年12月30日の2回戦。例年は観客もまばらな第3グラウンドで行われた常翔学園(大阪第3)−天理(奈良)戦には、約5000人が詰め掛けた。大会実行委員会は陸上競技用トラックを観客に開放して対応。花園常連の常翔学園・野上友一監督も「えーっ、という感じでした」と驚いた。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文500文字)

あわせて読みたい

注目の特集