メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

小林 照幸・評『居酒屋の戦後史』橋本健二・著

格差社会の拡大により“酒格差社会”が生じた

◆『居酒屋の戦後史』橋本健二・著(祥伝社新書/税抜き820円)

 日本人は戦後、どんな酒をどんな場所で飲んできたのか…この一大テーマに挑んだのは、1959年生まれの早大教授である。

 戦後、各地に現れたヤミ市には飲み屋街もできた。担い手は戦前に露店(屋台)を営んだ人々。燃料用アルコールを薄めたバクダンと呼ばれた酒にはメチルアルコール入りもあり、死者、失明者も出た。現代の駅前の横丁の居酒屋街はヤミ市の名残、と著者は言う。

 米が原料の日本酒の生産が回復しない中、合成酒及び大麦が原料のビールが普及する。東京では都市部でハイ…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです