メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次

2016年2月号 1月15日発売

[PR]

★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

★1部380円。書店でどうぞ。

★定期購読なら、離れてお住まいのお孫さんに贈れます(郵送)。先様には編集室よりあなたからのプレゼントである旨を別便で通知します。(年間:4560円、6カ月:2700円)。お問い合わせ・お申し込みは編集室(電話03・3212・1171、03・3212・0954=平日10時から18時)。バックナンバーも書店で注文できます。

2月号はこんな特集です

◆北海道ってどんなところ?

 北海道は気候も生態系も本州と違い、独自のアイヌ文化があります。農漁業や観光がさかんですが、近年は人口減に悩まされてきました。3月の新幹線開業にかける北海道の今を探ります。

◆攻略 世界のニュース

 テロや難民問題で世界がゆれています。グローバル社会の今、国際政治を知ることは大事ですが、小学生にはむつかしい面も……。国際問題の読み解き方を学びましょう。

◆チョコレート大研究

 チョコレートの原料、カカオは古くはお金としても使われた貴重な食べ物です。加工技術が発達してチョコが生まれました。おいしさの秘密と歴史を探ります。

◆島国は訴える

 気候変動による海面上昇で太平洋島しょ国が存亡の危機です。その14カ国は以前から戦争や核実験など大国の身勝手にほんろうされてきました。島国が今、抗議の声を上げています。

◆あかつきが金星を探る

 日本の探査機「あかつき」が金星を回る軌道に入りました。地球と違って高熱の過酷な環境にある大気のなぞにせまります、本格的な観測に入るあかつきの働きに期待しましょう。

◆人民元が主要通貨に

 中国の人民元が2016年10月に主要通貨の仲間入りをします。ドルやユーロ、円と並んで、国際的なお金のやりとりで使われます。中国経済の存在感が示された形です。

◆おもしろ「改名」 ゆる県ぞくぞく

 「鳥取県→蟹取県」「福井県→福丼県」など、観光PR用に「改名」する県が増えています。この楽しくもゆるーい感じは、ゆるキャラならぬ「ゆる県」!?

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです