メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こども食堂

全国に 貧困家庭に食事支援 普及へ各地の団体「サミット」 /東京

「こども食堂サミット」で行われたパネルディスカッション=豊島区役所で

 貧困などの理由で食事を十分にとれない子や、一人親など周囲との交流から孤立しがちな家庭を「食」を通じて地域で支援する「こども食堂」の活動を広げようと、「こども食堂サミット」が11日、豊島区南池袋2の同区役所で開かれた。都内を中心とした連絡会「こども食堂ネットワーク」などの主催で、昨年に続き2回目。こども食堂を始めたい、仲間を増やしたいと思っている人など、都内や首都圏はもとより、福岡や徳島、長野、福島の各県などから約300人が参加した。

 「こども食堂」はボランティアが中心となって、子どもや親子などに温かい手作りの食事を提供する。サミッ…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです