メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

貧しい大統領の言葉=中村秀明

 <sui−setsu>

 あらゆるルールや人をやり玉にあげ、暴論を繰り出す米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏。その資産規模はケタはずれだ。

 米メディアは独自の試算で約29億ドルとも、40億ドルとも報道したが、トランプ陣営は反論している。「100億ドル(約1兆1700億円)を超える」と。過大に主張する点がやはりただ者ではない。

 異端者という点は似ていても、対極にあるのが「世界一貧しい大統領」と言われ、昨年2月に退任したウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領だろう。2010年の大統領就任時の資産は約18万円相当の自家用車だけだった。

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです