メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

神奈川知事特別秘書「口利き」問題=松浦吉剛(横浜支局)

千田特別秘書と県職員のやり取りをまとめた神奈川県の文書(一部画像処理をしています)

市民感覚にそぐわぬ

 神奈川県厚木市で企業が計画した病院開設を巡り、黒岩祐治知事の特別秘書が「口利き」と指摘される行為を繰り返していたことを昨年9月から報じている。特別秘書が事業の進捗(しんちょく)を懸念する企業トップと県の許認可担当者の面談を設定したり、県幹部に直接相談を持ちかけたりする一方、企業側は知事の政治資金パーティー券を約200万円分購入していた。知事は「違法ではなく何の問題もない」と繰り返すが、法に触れなければ何をしてもいいのか。特別秘書が動いて現場の対応が変わるいびつな県政が続けば、県民の信頼は失われる。

この記事は有料記事です。

残り1561文字(全文1822文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです