メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

米艦艇2隻と乗員を拘束 ペルシャ湾航行中

イランに拿捕されたと報じられたものと同型の米海軍小艦艇=米国防総省提供

 【ワシントン和田浩明】米国防総省は12日、クウェートからバーレーンに向けてペルシャ湾を航行していた米海軍の小艦艇2隻と連絡が取れなくなったと発表した。イランの国営ファルス通信は、米艦艇が領海を侵犯したため革命防衛隊が拿捕(だほ)し、乗組員10人を拘束したと報じた。国防総省によると、イラン側が「乗組員は安全で、近く航行を再開させる」と伝えてきた。

 米政府高官によると、この問題でケリー国務長官がイランのザリフ外相に電話した。艦艇と乗組員の早期解放を求めたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです