メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対北朝鮮制裁

自民提言軸に検討…送金規制など強化

日本独自の主な対北朝鮮制裁

 政府は北朝鮮の核実験に対する日本独自の追加制裁について、自民党が昨年6月にまとめた提言を軸に検討に入った。北朝鮮との人的往来や送金の規制を強化する案が有力だ。

 安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で「わが国独自の厳しい措置についても毅然(きぜん)かつ断固として対応する。これが核実験への『行動対行動』の原則のもとでの答えだ」と強調し、独自制裁を強化する考えを示した。一方で、拉致問題の解決に向け「対話の窓口をわが国から閉ざすことはしない」とも述べ、日朝協議は継続する意向を示した。これに先立つ11日、首相は山口県下関市で「既に自民党から制裁の提案がされている。これも検討をしながら厳しく対応する」と述べた。

 政府は北朝鮮による日本人拉致被害者らの再調査開始を受け、2014年7月に北朝鮮当局者らの再入国禁止…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. 恵方巻きの廃棄削減を 農水省、節分を前に各社に要請

  3. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  4. ライフスタイル ゴミ分別が徹底された結果、ゴミが街に溢れた!? イタリアのゴミ事情はこんな感じ(GetNavi web)

  5. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです