おおさか維新

「民主許せない」…質問時間配分で批判

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 おおさか維新の会の下地幹郎政調会長は12日の衆院予算委員会で、政府にほとんど質問せず、異例の民主党批判を展開した。

 民主党は「与党でも野党でもない新しい政党を目指す」というおおさか維新の会のスタンスに反発。与党が慣例で野党に譲った約7時間分の質問時間を、おおさか維新の議員数に応じて配分しなかった。

 これに対し、下地氏は予算委で「民主党の…

この記事は有料記事です。

残り45文字(全文215文字)

あわせて読みたい

ニュース特集