メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

為替

「円高」は来るか? エコノミスト4氏が今年を占う

ドル・円相場の動き

 先週後半から週明けにかけ、中国が人民元の対ドル中心レートを引き下げたのをきっかけにドル・円相場は117円台となるなどドル安・円高方向に進んだ。投資資金がリスク回避のため、比較的安全とされる円買いに動いたのが理由だ。円高と連動する形で日経平均株価は戦後初となる「年明けから6営業日続落」となり、12日には前週末比479円安の1万7218円で引けた。金融市場は新年早々荒れ模様となっている。人民元や中国株の荒い動きがあるたびに、「今年1年、こういった傾向が続くのではないか」(市場関係者)という予測もある。今年のドル・円相場はどう動くだろうか。【尾村洋介/デジタル報道センター】

 為替は輸出入産品の価格の変動により、企業の国際競争力に影響を与え、株式市場や実体経済も動かす。1980年代後半のバブル景気では円高・株高だったが、2000年代前半の小泉純一郎政権当時や、12年に自民党が政権に返り咲き、安倍晋三内閣が成立した後などは、円安で製造業の業績が改善されるなど、円安と株高が連動する傾向がみられる。

この記事は有料記事です。

残り1587文字(全文2037文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです