走る美術館

上越新幹線の車両に現代アート…今春から運行

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 「走る美術館」として今年春から上越新幹線を走る「現美(げんび)新幹線」の車両が12日、宮城県内の車両基地から新潟県内の車両基地に移動し、上越新幹線に初めて姿を見せた。

 秋田新幹線で使用されたE3系6両編成を約5億円かけて改造する。外観は写真家の蜷川実花さんが撮影した色彩豊かな新潟県長岡市の花火大会…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

あわせて読みたい

ニュース特集