メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

住宅リフォーム業者の選び方 即契約せず見積もり比較

リフォームを行う際の主なポイント

 手ごろな中古マンションを買って自分好みに改装したり、足腰が弱ったお年寄りが動きやすいように改造したりするなど住宅のリフォームが広がっている。ただトラブルが少なくないのも現実だ。まだ多くの人にはなじみの薄いリフォームだが、何に注意すべきか。業者はどう選べばいいのだろう。【宇田川恵】

訪問販売トラブル増加/工事追加は書類を変更/進み具合は自分で確認

 「塗装がはげている、屋根瓦が欠けている、などとひっきりなしに業者が訪ねて来る。雨漏りしないか心配で……」。埼玉県内に住む70代の女性がため息交じりに話す。突然訪ねて来た見ず知らずの業者に家の不具合をあちこち指摘され、不安にかられる人は多いのではないか。だが「言われるままにその場で契約してしまうのが最も危険です」と、住宅リフォーム・紛争処理支援センター参事の青木稔さんは注意を呼び掛ける。

 センターは、住まいに関する相談機関として国が指定。2014年度には約2万6000件の電話相談を受け…

この記事は有料記事です。

残り1978文字(全文2396文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです