メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

初春大歌舞伎/新春浅草歌舞伎 染五郎、繊細な表現=評・小玉祥子

 歌舞伎座の昼の序幕が孝太郎、染五郎、種之助の華やかな「廓三番叟(くるわさんばそう)」。続いて「鳥居前」。橋之助の忠信は隈取(くまど)りが似合い、狐(きつね)六法が勇壮。次が「石切梶原」。吉右衛門の梶原は内面を程よく覗(のぞ)かせ、人物像を浮かび上がらせた。歌六の六郎太夫、芝雀の梢(こずえ)、又五郎の大庭、歌昇の俣野と周囲も揃(そろ)う。最後が「茨木」。伯母真柴から魔物の茨木童子への玉三郎の変化が鮮やか。松緑の綱。

 夜の序幕が「猩々(しょうじょう)」。梅玉と橋之助がゆったりと大らか。松緑の酒売り。続いて「二条城の…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 高校野球 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです