メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

移住体験

戸建てでゆるり 生活スタイル別、空き家を改修…自治体、人口減対策本腰 /茨城

空き家の中で改修作業や清掃に励む参加者たち=稲敷市上須田で

 都会に住む人たちに、空き家を短期間貸し出し「移住体験」してもらおうという自治体の取り組みが広がってきた。共通の悩みである人口減少に歯止めをかけるのが狙いだ。都心に近いのに豊かな自然が残っている特徴を生かし、別荘のように住んでもらうことを歓迎する自治体もある。【中里顕、安味伸一】

 県北地域の日立市▽常陸太田市▽高萩市▽北茨城市▽常陸大宮市▽大子町−−の6市町は昨年9月から、住居の無料貸し出し(光熱費などは自己負担)を順次スタートさせた。

 6市町はいずれも有識者団体「日本創成会議」から「消滅可能性都市」とされるなど人口減少が著しく、危機…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1055文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです