メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

梶田さん、郷里で講演 満席1500人、別室も用意 東松山 /埼玉

森田光一市長(左)から名誉市民章などを授与された梶田さん=東松山市民文化センターで

 東松山市は13日、ノーベル物理学賞を受賞した同市出身の梶田隆章・東京大宇宙線研究所所長に名誉市民称号を贈った。梶田さんは同市六軒町の市民文化センターでの授与式に出席し、「ニュートリノの小さい質量の発見」と題して故郷の市民ら約1500人を前に記念講演を行った。

 市民が出席するには今月4日から市が配布した整理券が必要だったが、初日の15分間で配り終わる人気で、1200席のホールに入り…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです