メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山珈琲

風味際立つ 岡山の店考案、ハイカーらに好評 「おいしさと気軽さ追求」 /岡山

コーヒー豆をメッシュバッグに詰めた「山珈琲」を売り出した東宏明さん=岡山市北区問屋町で、原田悠自撮影

 岡山市内にコーヒー店3店舗を展開する「音茶屋(おんさや)」(本店・北区奉還町2)が、山登りやハイキングなどの際に野外で気軽に本格コーヒーを楽しんでもらおうと、「山珈琲(やまコーヒー)」の販売を始めた。焙煎(ばいせん)したコーヒー豆を樹脂製のメッシュバッグに詰め、抽出の時間短縮を図ったのが特徴で、登山愛好家から注文が相次ぐなど好評だ。【原田悠自】

 音茶屋社長の東宏明さん(37)が、近年のアウトドアブームを受けて考案し、昨年12月に販売を開始した。コーヒー豆はコスタリカやグアテマラなど世界5カ国で栽培され、いずれもブレンドしていない高品質なものを県内の工場で焙煎し、すぐにコーヒーバッグに詰め込む。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです