自民議員

「慰安婦は職業」発言 桜田氏、後に撤回

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党の桜田義孝氏=2016年1月14日、藤井太郎撮影
自民党の桜田義孝氏=2016年1月14日、藤井太郎撮影

 桜田義孝元副文部科学相は14日、自民党国際情報検討委員会などの合同会議で、慰安婦に関して「(1950年代に)売春防止法が施行されるまでは職業としての娼婦(しょうふ)だ。ビジネスだ。これを犠牲者のような宣伝工作に惑わされ過ぎている」と発言した。桜田氏はその後、発言を撤回した。

 会合は党本部で非公開で行われ、国会議員約10人が出席した。桜田氏は会合終了後、記者団の取材には応じず「私の発言について誤解を招くところがあり、発言を撤回させていただく。ご迷惑をおかけした関係者の皆様に心よりおわび申し上げる」とのコメントを発表した。

 桜田氏は自民党の行政改革推進本部長を務めている。菅義偉官房長官は記者会見で「政府、党の考え方は決まっている。国会議員であれば、それを踏まえて発言してほしい」と苦言を呈した。派閥会長の一人は「信じられない。日韓関係で暖かい風が吹き始めたときに、何が一番大切かを考えてもらいたい」と厳しく批判した。公明党幹部は「自民党がきちんと考えた方がよい」と述べ、更迭など処分の必要性を示唆した。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文832文字)

あわせて読みたい

注目の特集