メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領

一般教書「脱・世界の警察」外交は忍耐と抑制

 【ワシントン西田進一郎】オバマ米大統領は12日、上下両院合同会議で今年の内政・外交の施政方針を示す一般教書演説を行った。大統領は、「危機的状況にある全ての国を引き受け、再建することはできない」と述べて「脱・世界の警察官」を宣言する一方、「世界で孤立もせず、米国の安全と強さを確保する」方法を見つける必要があると訴えた。そのためには、関係国と責任を分担し、限られた軍事力をより選択的に使う戦略を続ける方針を強調した。

 オバマ大統領はまた、外国への支援は「慈善事業ではなく、米国の安全保障の一環だ」と明言した。

この記事は有料記事です。

残り1575文字(全文1829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです