厚生年金

加入促進を強化 「漏れ」は79万事業所か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で民主・長妻昭氏の質問に答える安倍晋三首相=国会内で2016年1月13日、藤井太郎撮影
衆院予算委員会で民主・長妻昭氏の質問に答える安倍晋三首相=国会内で2016年1月13日、藤井太郎撮影

 本来は厚生年金に加入する資格があるのに、国民年金に加入している人が約200万人いると推計される問題で、安倍晋三首相は13日の衆院予算委員会で、厚生年金への加入促進対策を強化する方針を示した。事業所が保険料負担を逃れるため加入の届けをしていなければ義務違反に当たる。夏の参院選を控え、野党の追及をかわす狙いもあるとみられる。

 「加入漏れ」とみられる79万事業所すべてに調査票を送付するほか、日本年金機構が個別調査を行う。今年度から3年間は厚生年金適用対策の集中期間で、年金機構はすでに79万事業所に文書や電話で指導しているが、昨年11月末の加入は約6万3000件にとどまっている。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文681文字)

あわせて読みたい

注目の特集