訃報

桂春団治さん85歳=落語家

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
桂春団治さん=大阪市中央区のワッハ上方で2008年1月24日、森田剛史撮影
桂春団治さん=大阪市中央区のワッハ上方で2008年1月24日、森田剛史撮影

上方落語復興 最後の四天王

 戦後、滅亡寸前と言われた上方落語界の復興に尽くした四天王の最後の一人で、厳しいまでに磨き上げた芸風で知られる桂春団治(かつら・はるだんじ、本名・河合一=かわい・はじめ)さんが9日、心不全のため亡くなった。85歳だった。親族や直系の弟子らで密葬を営んだ。

 1930年、大阪市生まれ。父親は二代目春団治。高校を卒業後、会社に就職するが1年で辞め、47年小春の名でデビュー。50年に二代目福団治、59年に三代目春団治を襲名した。

 後に上方落語四天王と称された、三代目桂米朝、六代目笑福亭松鶴、五代目桂文枝(いずれも故人)とほぼ同時期の入門で、衰退していた上方落語界再生の原動力として活躍した。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文666文字)

あわせて読みたい

ニュース特集