メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

上方の美学、体現した三代目〜桂春団治さんをしのぶ

「敦賀落語の会」の第198回例会で「高尾」を熱演する桂春団治さん=福井県敦賀市のプラザ萬象で2005年7月16日、関野正撮影

 「三代目!」

 上方では桂春団治さんを、尊敬を込めてこう呼ぶ。ちなみに「六代目!」は、笑福亭仁鶴さんや鶴光さん、鶴瓶さんの師匠、笑福亭松鶴(しょかく)さんのこと。

 春団治と聞いて、都はるみさんと岡千秋さんのデュエットでヒットした「浪花恋しぐれ」の「ど阿呆(あほう)春団治」を思い出した方もいたはずだ。あの豪快な春団治は初代。二代目も大きなおなかで滑稽噺(こっけいばなし)を得意とした人気者だった。

 三代目の春団治さんは二代目の息子だが、その芸は、初代、二代目とは異なり、華麗にして繊細、そして上品。上方文化の美学を体現した師匠だった。

この記事は有料記事です。

残り1523文字(全文1790文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです