メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

上方の美学、体現した三代目〜桂春団治さんをしのぶ

「敦賀落語の会」の第198回例会で「高尾」を熱演する桂春団治さん=福井県敦賀市のプラザ萬象で2005年7月16日、関野正撮影

 「三代目!」

 上方では桂春団治さんを、尊敬を込めてこう呼ぶ。ちなみに「六代目!」は、笑福亭仁鶴さんや鶴光さん、鶴瓶さんの師匠、笑福亭松鶴(しょかく)さんのこと。

 春団治と聞いて、都はるみさんと岡千秋さんのデュエットでヒットした「浪花恋しぐれ」の「ど阿呆(あほう)春団治」を思い出した方もいたはずだ。あの豪快な春団治は初代。二代目も大きなおなかで滑稽噺(こっけいばなし)を得意とした人気者だった。

 三代目の春団治さんは二代目の息子だが、その芸は、初代、二代目とは異なり、華麗にして繊細、そして上品。上方文化の美学を体現した師匠だった。

この記事は有料記事です。

残り1523文字(全文1790文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  3. 「真の文武陵」異例の成果 奈良・中尾山古墳 陵墓指定なく調査可能

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです