メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

We・農業

食べる・つながる 亀戸大根、今も東京下町に 梨のようなみずみずしさ /東京

収穫した亀戸大根を手にする中代正啓さん

 <Work the Earth>

 江戸東京野菜の一つ、亀戸大根は、長さ30センチ程度と一般的な大根に比べて小ぶりで、輝くような白さが特徴だ。東京では下町の熱心な生産者らが、今もその存在を守っている。【近藤浩之】

 中代農園(東京都江戸川区鹿骨)の中代正啓(まさひろ)さん(32)が、亀戸大根を専門に扱っている日本料理店「升本」(江東区亀戸4)に依頼されて栽培を始めたのは、3年ほど前のことだ。中代さんが一年を通して栽培しているのは主に小松菜だが、「亀戸大根は、ほかの農家があまり生産していない作物なので、差別化ができる」と請け合った。

 9月から種をまき、11〜3月ごろに収穫する。冬場は虫が少ないので栽培は比較的楽なのかと思いきや、中…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1173文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです