メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
週刊外食倶楽部

ぐるなびデータから カキの需要増、復興の一助にも /東京

 海のミルクとも称される「カキ」の需要が、首都圏を中心に伸びています。飲食店情報検索サイト「ぐるなび」のデータでは、全国でカキを扱う店の数は昨年1年間で1・7倍になり、その3割以上が東京都内に集中しています。

 とりわけ目立つのは「カキ小屋」と呼ばれる専門店。もともとカキの産地では、旬の時期になると海沿いで店が開かれてきました。ここ数年で全国に広がり、ぐるなびの登録店舗数も1年前に比べて4割増。背景には、バーベキューのように大勢で炭火を囲み、新鮮なカキをその場で焼いて食べられる魅力に加え、東北・三陸海岸の復興も関係しているようです。

 都内の飲食店で提供されているカキの産地をひもとくと、国内トップは生産量1位の広島。次いで厚岸ブラン…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文923文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. 衝突した車の運転男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです